災害時の同行避難にお使い頂けます |

災害時の同行避難にお使い頂けます

犬の防災対策はしていますか?阪神・淡路大震災、東日本大震災、鹿児島の噴火、鬼怒川の氾濫など、犬と同行避難が出来ずに沢山の尊い命が亡くなりました。災害が起こった時は、犬と同行避難することを強くおすすめします。一旦置いていって、また戻ってくるでは、状況に様々な変化があるため命を落とす危険性が高くなります。大切な家族を守る対策をしませんか?

防災用ドッグスリング

犬の防災グッズにドッグスリングを

犬の防災グッズの中に、ぜひ ドッグスリング を入れることをおすすめします。ゲージやペットキャリー、カートは重たく、他に必要な防災グッズを持ち運ぶことが出来ません。その点ドッグスリングは両手が空きますし、抱っこも簡単。肩にたすき掛けをして、犬を入れるだけ。1秒もあればすぐに抱っこすることが可能です。犬を直接抱っこすると両手がふさがってしまうし、急に手元から飛び出してしまう危険性もあります。いざというときに ドッグスリング があれば安心です。

人ごみが多いところでも大丈夫

人ごみが多いところに行くと、特に小型犬は人の視界に入らないことが多く、歩かせるのは大変危険です。また、犬自身も緊張していることが多く、家族の人に抱っこされることで安心することができます。また犬が好きな人ばかりではありません。周りの人と気持ちよく空間を共有するのにも役に立ちます。

ervaのドッグスリングは災害時の避難も意識して開発

1 犬を抱く位置が腰から上であること 一般のドッグバッグ等は腰から下で抱くことが多いですが、その位置ですと歩く時に太ももに当たって邪魔になってしまいます。ervaのドッグスリングは太ももにあたりません、そうすることで歩きやすいですし、走りやすいです。また、重たいものは腰から上で持つことで、着用者の肩腰への負担を軽減してくれます。

2 着用者の肩腰への負担をより軽減できること ervaのドッグスリングは、”薄く柔らかい生地、ストレッチ性のある生地” は使用していません。 一見犬に優しそうなこれらの生地ですが、試作を繰り返す中で、抱っこする人への負担を増やしてしまうことが分かったからです。 生地にある程度の硬さ(丈夫さ)がないと、犬の体重を分散しずらくなり、肩腰への負担が増えてしまう原因になりますので、生地の選定にはこだわりました。ervaのドッグスリングで使っている生地は、人間の赤ちゃんのスリングや抱っこ紐でも使っているので肌触りが悪いということはもちろんありません。

3 360kgまで耐えれる強度のあるドッグスリングであること 犬の命を守るため、安心して安全にお使い頂けるために、強度にも徹底的にこだわりました。第3者機関の一般財団法人ボーケン品質評価機構にてervaのドッグスリングの重量検査をしました。少しずつ負荷をかけていき、どこまで負荷に耐えられるかを実験。 結果、360kgの負荷をかけても生地や縫製の糸が切れることはありませんでした。これは、平均体重161kgのお相撲さんが2人入っても破れないということになります。人が抱っこすることは、たぶん肩腰が難しそうですが…

4 デザインが究極にシンプルであること 色んなパーツがついていると、逃げる時に誤って引っ掛けたり、邪魔になりかねません。避難中は何が起こってくるか分かりません、わんこも人も助かるように、シンプルであり、機能的であることがとても大切です。より命に関わるような製品を取り扱っているアウトドア製品や、軍人が使うものは、機能製重視、そしてシンプルなものがほとんどです。ちょっとしたことが、生死を左右します。

わんこの体重が1-3kgの場合は →1-3kg用からお選び下さい。わんこの体重が4kg-10kgの場合は →4-10kg用からお選び下さい。※わんこの体重が3kg台の場合、着用者の胸囲が86cm以上は4-10kg用をお選び下さい

災害時の同行避難にお使い頂けます

犬の防災対策はしていますか?阪神・淡路大震災、東日本大震災、鹿児島の噴火、鬼怒川の氾濫など、犬と同行避難が出来ずに沢山の尊い命が亡くなりました。災害が起こった時は、犬と同行避難することを強くおすすめします。一旦置いていって、また戻ってくるでは、状況に様々な変化があるため命を落とす危険性が高くなります。大切な家族を守る対策をしませんか?

防災用ドッグスリング

犬の防災グッズにドッグスリングを

犬の防災グッズの中に、ぜひ ドッグスリング を入れることをおすすめします。ゲージやペットキャリー、カートは重たく、他に必要な防災グッズを持ち運ぶことが出来ません。その点ドッグスリングは両手が空きますし、抱っこも簡単。肩にたすき掛けをして、犬を入れるだけ。1秒もあればすぐに抱っこすることが可能です。犬を直接抱っこすると両手がふさがってしまうし、急に手元から飛び出してしまう危険性もあります。いざというときに ドッグスリング があれば安心です。

人ごみが多いところでも大丈夫

人ごみが多いところに行くと、特に小型犬は人の視界に入らないことが多く、歩かせるのは大変危険です。また、犬自身も緊張していることが多く、家族の人に抱っこされることで安心することができます。また犬が好きな人ばかりではありません。周りの人と気持ちよく空間を共有するのにも役に立ちます。

ervaのドッグスリングは災害時の避難も意識して開発

1 犬を抱く位置が腰から上であること 一般のドッグバッグ等は腰から下で抱くことが多いですが、その位置ですと歩く時に太ももに当たって邪魔になってしまいます。ervaのドッグスリングは太ももにあたりません、そうすることで歩きやすいですし、走りやすいです。また、重たいものは腰から上で持つことで、着用者の肩腰への負担を軽減してくれます。

2 着用者の肩腰への負担をより軽減できること ervaのドッグスリングは、”薄く柔らかい生地、ストレッチ性のある生地” は使用していません。 一見犬に優しそうなこれらの生地ですが、試作を繰り返す中で、抱っこする人への負担を増やしてしまうことが分かったからです。 生地にある程度の硬さ(丈夫さ)がないと、犬の体重を分散しずらくなり、肩腰への負担が増えてしまう原因になりますので、生地の選定にはこだわりました。ervaのドッグスリングで使っている生地は、人間の赤ちゃんのスリングや抱っこ紐でも使っているので肌触りが悪いということはもちろんありません。

3 360kgまで耐えれる強度のあるドッグスリングであること 犬の命を守るため、安心して安全にお使い頂けるために、強度にも徹底的にこだわりました。第3者機関の一般財団法人ボーケン品質評価機構にてervaのドッグスリングの重量検査をしました。少しずつ負荷をかけていき、どこまで負荷に耐えられるかを実験。 結果、360kgの負荷をかけても生地や縫製の糸が切れることはありませんでした。これは、平均体重161kgのお相撲さんが2人入っても破れないということになります。人が抱っこすることは、たぶん肩腰が難しそうですが…

4 デザインが究極にシンプルであること 色んなパーツがついていると、逃げる時に誤って引っ掛けたり、邪魔になりかねません。避難中は何が起こってくるか分かりません、わんこも人も助かるように、シンプルであり、機能的であることがとても大切です。より命に関わるような製品を取り扱っているアウトドア製品や、軍人が使うものは、機能製重視、そしてシンプルなものがほとんどです。ちょっとしたことが、生死を左右します。

わんこの体重が1-3kgの場合は →1-3kg用からお選び下さい。わんこの体重が4kg-10kgの場合は →4-10kg用からお選び下さい。※わんこの体重が3kg台の場合、着用者の胸囲が86cm以上は4-10kg用をお選び下さい

この記事をシェアする

災害時の同行避難にお使い頂けます

犬の防災対策はしていますか?阪神・淡路大震災、東日本大震災、鹿児島の噴火、鬼怒川の氾濫など、犬と同行避難が出来ずに沢山の尊い命が亡くなりました。災害が起こった時は、犬と同行避難することを強くおすすめします。一旦置いていって、また戻ってくるでは、状況に様々な変化があるため命を落とす危険性が高くなります。大切な家族を守る対策をしませんか?

防災用ドッグスリング

犬の防災グッズにドッグスリングを

犬の防災グッズの中に、ぜひ ドッグスリング を入れることをおすすめします。ゲージやペットキャリー、カートは重たく、他に必要な防災グッズを持ち運ぶことが出来ません。その点ドッグスリングは両手が空きますし、抱っこも簡単。肩にたすき掛けをして、犬を入れるだけ。1秒もあればすぐに抱っこすることが可能です。犬を直接抱っこすると両手がふさがってしまうし、急に手元から飛び出してしまう危険性もあります。いざというときに ドッグスリング があれば安心です。

人ごみが多いところでも大丈夫

人ごみが多いところに行くと、特に小型犬は人の視界に入らないことが多く、歩かせるのは大変危険です。また、犬自身も緊張していることが多く、家族の人に抱っこされることで安心することができます。また犬が好きな人ばかりではありません。周りの人と気持ちよく空間を共有するのにも役に立ちます。

ervaのドッグスリングは災害時の避難も意識して開発

1 犬を抱く位置が腰から上であること 一般のドッグバッグ等は腰から下で抱くことが多いですが、その位置ですと歩く時に太ももに当たって邪魔になってしまいます。ervaのドッグスリングは太ももにあたりません、そうすることで歩きやすいですし、走りやすいです。また、重たいものは腰から上で持つことで、着用者の肩腰への負担を軽減してくれます。

2 着用者の肩腰への負担をより軽減できること ervaのドッグスリングは、”薄く柔らかい生地、ストレッチ性のある生地” は使用していません。 一見犬に優しそうなこれらの生地ですが、試作を繰り返す中で、抱っこする人への負担を増やしてしまうことが分かったからです。 生地にある程度の硬さ(丈夫さ)がないと、犬の体重を分散しずらくなり、肩腰への負担が増えてしまう原因になりますので、生地の選定にはこだわりました。ervaのドッグスリングで使っている生地は、人間の赤ちゃんのスリングや抱っこ紐でも使っているので肌触りが悪いということはもちろんありません。

3 360kgまで耐えれる強度のあるドッグスリングであること 犬の命を守るため、安心して安全にお使い頂けるために、強度にも徹底的にこだわりました。第3者機関の一般財団法人ボーケン品質評価機構にてervaのドッグスリングの重量検査をしました。少しずつ負荷をかけていき、どこまで負荷に耐えられるかを実験。 結果、360kgの負荷をかけても生地や縫製の糸が切れることはありませんでした。これは、平均体重161kgのお相撲さんが2人入っても破れないということになります。人が抱っこすることは、たぶん肩腰が難しそうですが…

4 デザインが究極にシンプルであること 色んなパーツがついていると、逃げる時に誤って引っ掛けたり、邪魔になりかねません。避難中は何が起こってくるか分かりません、わんこも人も助かるように、シンプルであり、機能的であることがとても大切です。より命に関わるような製品を取り扱っているアウトドア製品や、軍人が使うものは、機能製重視、そしてシンプルなものがほとんどです。ちょっとしたことが、生死を左右します。

わんこの体重が1-3kgの場合は →1-3kg用からお選び下さい。わんこの体重が4kg-10kgの場合は →4-10kg用からお選び下さい。※わんこの体重が3kg台の場合、着用者の胸囲が86cm以上は4-10kg用をお選び下さい

災害時の同行避難にお使い頂けます

犬の防災対策はしていますか?阪神・淡路大震災、東日本大震災、鹿児島の噴火、鬼怒川の氾濫など、犬と同行避難が出来ずに沢山の尊い命が亡くなりました。災害が起こった時は、犬と同行避難することを強くおすすめします。一旦置いていって、また戻ってくるでは、状況に様々な変化があるため命を落とす危険性が高くなります。大切な家族を守る対策をしませんか?

防災用ドッグスリング

犬の防災グッズにドッグスリングを

犬の防災グッズの中に、ぜひ ドッグスリング を入れることをおすすめします。ゲージやペットキャリー、カートは重たく、他に必要な防災グッズを持ち運ぶことが出来ません。その点ドッグスリングは両手が空きますし、抱っこも簡単。肩にたすき掛けをして、犬を入れるだけ。1秒もあればすぐに抱っこすることが可能です。犬を直接抱っこすると両手がふさがってしまうし、急に手元から飛び出してしまう危険性もあります。いざというときに ドッグスリング があれば安心です。

人ごみが多いところでも大丈夫

人ごみが多いところに行くと、特に小型犬は人の視界に入らないことが多く、歩かせるのは大変危険です。また、犬自身も緊張していることが多く、家族の人に抱っこされることで安心することができます。また犬が好きな人ばかりではありません。周りの人と気持ちよく空間を共有するのにも役に立ちます。

ervaのドッグスリングは災害時の避難も意識して開発

1 犬を抱く位置が腰から上であること 一般のドッグバッグ等は腰から下で抱くことが多いですが、その位置ですと歩く時に太ももに当たって邪魔になってしまいます。ervaのドッグスリングは太ももにあたりません、そうすることで歩きやすいですし、走りやすいです。また、重たいものは腰から上で持つことで、着用者の肩腰への負担を軽減してくれます。

2 着用者の肩腰への負担をより軽減できること ervaのドッグスリングは、”薄く柔らかい生地、ストレッチ性のある生地” は使用していません。 一見犬に優しそうなこれらの生地ですが、試作を繰り返す中で、抱っこする人への負担を増やしてしまうことが分かったからです。 生地にある程度の硬さ(丈夫さ)がないと、犬の体重を分散しずらくなり、肩腰への負担が増えてしまう原因になりますので、生地の選定にはこだわりました。ervaのドッグスリングで使っている生地は、人間の赤ちゃんのスリングや抱っこ紐でも使っているので肌触りが悪いということはもちろんありません。

3 360kgまで耐えれる強度のあるドッグスリングであること 犬の命を守るため、安心して安全にお使い頂けるために、強度にも徹底的にこだわりました。第3者機関の一般財団法人ボーケン品質評価機構にてervaのドッグスリングの重量検査をしました。少しずつ負荷をかけていき、どこまで負荷に耐えられるかを実験。 結果、360kgの負荷をかけても生地や縫製の糸が切れることはありませんでした。これは、平均体重161kgのお相撲さんが2人入っても破れないということになります。人が抱っこすることは、たぶん肩腰が難しそうですが…

4 デザインが究極にシンプルであること 色んなパーツがついていると、逃げる時に誤って引っ掛けたり、邪魔になりかねません。避難中は何が起こってくるか分かりません、わんこも人も助かるように、シンプルであり、機能的であることがとても大切です。より命に関わるような製品を取り扱っているアウトドア製品や、軍人が使うものは、機能製重視、そしてシンプルなものがほとんどです。ちょっとしたことが、生死を左右します。

わんこの体重が1-3kgの場合は →1-3kg用からお選び下さい。わんこの体重が4kg-10kgの場合は →4-10kg用からお選び下さい。※わんこの体重が3kg台の場合、着用者の胸囲が86cm以上は4-10kg用をお選び下さい

この記事をシェアする

erva facebook