愛犬と夏祭り、にも大活躍! |

愛犬と夏祭り、にも大活躍!

先日夏祭りに行ってきました!大好きな、たこせん、ミルクせんべい、やきとうもろこし、ベビーカステラ。これを食べれないと夏が終われません。そして、今回は比較的暑くなかったので、はじめて愛犬と夏祭りに行ってきました。でも、、、、お祭りと言えば人、人、人、ひとーーー!!目がぐるぐる回ってしまいます。

天神祭の人混み 天神祭の商店街の人混み

なので、人混みで愛犬とどう歩くかを考えてみました。もちろん、愛犬を歩かせるなんて、蹴られるかもしれないし、そんなこととんでもありません。ちょっとー!私たちが通るんだから道開けてよー!つんつんっ!なんて殿様行為は絶対に通用しません。そして、わんこが苦手な方への配慮も必要です。愛犬の安全をどうしたら確保できるのか、周りの人とどうすれば楽しく空間を共有出来るのかが大切になってくるわけです。

愛犬と “安全” に行きませんか?

夏祭りはドッグスリングで安全に行く

人混みには、ドッグスリングがおすすめ!

・ 屋台が並んでいる所、境内に向かう途中や境内は、わんこが歩けるスペースなんて無いに等しいので、抱っこしたほうがいい

・ 抱っこで両手がふさがると、食べ歩きが出来ない。ドッグスリングで両手がフリーに!

・ 愛犬が緊張した際の安心出来る避難所になる

・ わんこが苦手な人への配慮として、リードで歩かせるよりも抱っこして一体化した方が、安心感を与えることが出来る

愛犬とお祭りを “楽しむために” 気をつけたこと。

夏祭りに愛犬と行くために

1 わんこが嫌いな人への配慮を忘れない!

たくさんの人が来るお祭りは、わんこが苦手な人もいます。リードを長く持って愛犬の行動範囲を広くしたり、むだ吠えしないようにしたり、できる限り自由すぎる行動は避けたいものです。

2 撫で撫でしたい人が触ってくる

うれしいことに、ドッグスリング着用時に、周りの人から「かわいいー!」とお声かけ頂くこともしばしば。声かけのみの場合は問題ないですが、たまに愛犬の頭を触ろうとする人がいます。もちろん何の悪気もない行為ですが、愛犬が ゔぅ… と唸ったり、びっくりして噛んでしまうことも考えられます。自分の身を守るための行動ですから仕方が無い場合もあります。でもそんなことは飼い主にしか分かりませんので、愛犬の顔の前に腕を回したり、口輪を装着するなど、配慮してあげて下さい。

3 常に愛犬の状態を確認する

人混みに慣れていない子、花火など大きい音に怯える子など、普段とは違った状況になることでパニックになる子もいます。中には逃げ出してしまう子もいます。その場合は、本当に愛犬を連れていって良いのか今一度考えてみて下さい。人混みでは、愛犬の状態をしっかり見ながら、極力、人のいる道を避けて目的地まで行ったり、抱っこしてあげたり工夫して下さいね。

愛犬と楽しい夏を!

天神祭のおどり 天神祭の花火

愛犬と夏祭り、にも大活躍!

先日夏祭りに行ってきました!大好きな、たこせん、ミルクせんべい、やきとうもろこし、ベビーカステラ。これを食べれないと夏が終われません。そして、今回は比較的暑くなかったので、はじめて愛犬と夏祭りに行ってきました。でも、、、、お祭りと言えば人、人、人、ひとーーー!!目がぐるぐる回ってしまいます。

天神祭の人混み 天神祭の商店街の人混み

なので、人混みで愛犬とどう歩くかを考えてみました。もちろん、愛犬を歩かせるなんて、蹴られるかもしれないし、そんなこととんでもありません。ちょっとー!私たちが通るんだから道開けてよー!つんつんっ!なんて殿様行為は絶対に通用しません。そして、わんこが苦手な方への配慮も必要です。愛犬の安全をどうしたら確保できるのか、周りの人とどうすれば楽しく空間を共有出来るのかが大切になってくるわけです。

愛犬と “安全” に行きませんか?

夏祭りはドッグスリングで安全に行く

人混みには、ドッグスリングがおすすめ!

・ 屋台が並んでいる所、境内に向かう途中や境内は、わんこが歩けるスペースなんて無いに等しいので、抱っこしたほうがいい

・ 抱っこで両手がふさがると、食べ歩きが出来ない。ドッグスリングで両手がフリーに!

・ 愛犬が緊張した際の安心出来る避難所になる

・ わんこが苦手な人への配慮として、リードで歩かせるよりも抱っこして一体化した方が、安心感を与えることが出来る

愛犬とお祭りを “楽しむために” 気をつけたこと。

夏祭りに愛犬と行くために

1 わんこが嫌いな人への配慮を忘れない!

たくさんの人が来るお祭りは、わんこが苦手な人もいます。リードを長く持って愛犬の行動範囲を広くしたり、むだ吠えしないようにしたり、できる限り自由すぎる行動は避けたいものです。

2 撫で撫でしたい人が触ってくる

うれしいことに、ドッグスリング着用時に、周りの人から「かわいいー!」とお声かけ頂くこともしばしば。声かけのみの場合は問題ないですが、たまに愛犬の頭を触ろうとする人がいます。もちろん何の悪気もない行為ですが、愛犬が ゔぅ… と唸ったり、びっくりして噛んでしまうことも考えられます。自分の身を守るための行動ですから仕方が無い場合もあります。でもそんなことは飼い主にしか分かりませんので、愛犬の顔の前に腕を回したり、口輪を装着するなど、配慮してあげて下さい。

3 常に愛犬の状態を確認する

人混みに慣れていない子、花火など大きい音に怯える子など、普段とは違った状況になることでパニックになる子もいます。中には逃げ出してしまう子もいます。その場合は、本当に愛犬を連れていって良いのか今一度考えてみて下さい。人混みでは、愛犬の状態をしっかり見ながら、極力、人のいる道を避けて目的地まで行ったり、抱っこしてあげたり工夫して下さいね。

愛犬と楽しい夏を!

天神祭のおどり 天神祭の花火

この記事をシェアする

愛犬と夏祭り、にも大活躍!

先日夏祭りに行ってきました!大好きな、たこせん、ミルクせんべい、やきとうもろこし、ベビーカステラ。これを食べれないと夏が終われません。そして、今回は比較的暑くなかったので、はじめて愛犬と夏祭りに行ってきました。でも、、、、お祭りと言えば人、人、人、ひとーーー!!目がぐるぐる回ってしまいます。

天神祭の人混み 天神祭の商店街の人混み

なので、人混みで愛犬とどう歩くかを考えてみました。もちろん、愛犬を歩かせるなんて、蹴られるかもしれないし、そんなこととんでもありません。ちょっとー!私たちが通るんだから道開けてよー!つんつんっ!なんて殿様行為は絶対に通用しません。そして、わんこが苦手な方への配慮も必要です。愛犬の安全をどうしたら確保できるのか、周りの人とどうすれば楽しく空間を共有出来るのかが大切になってくるわけです。

愛犬と “安全” に行きませんか?

夏祭りはドッグスリングで安全に行く

人混みには、ドッグスリングがおすすめ!

・ 屋台が並んでいる所、境内に向かう途中や境内は、わんこが歩けるスペースなんて無いに等しいので、抱っこしたほうがいい

・ 抱っこで両手がふさがると、食べ歩きが出来ない。ドッグスリングで両手がフリーに!

・ 愛犬が緊張した際の安心出来る避難所になる

・ わんこが苦手な人への配慮として、リードで歩かせるよりも抱っこして一体化した方が、安心感を与えることが出来る

愛犬とお祭りを “楽しむために” 気をつけたこと。

夏祭りに愛犬と行くために

1 わんこが嫌いな人への配慮を忘れない!

たくさんの人が来るお祭りは、わんこが苦手な人もいます。リードを長く持って愛犬の行動範囲を広くしたり、むだ吠えしないようにしたり、できる限り自由すぎる行動は避けたいものです。

2 撫で撫でしたい人が触ってくる

うれしいことに、ドッグスリング着用時に、周りの人から「かわいいー!」とお声かけ頂くこともしばしば。声かけのみの場合は問題ないですが、たまに愛犬の頭を触ろうとする人がいます。もちろん何の悪気もない行為ですが、愛犬が ゔぅ… と唸ったり、びっくりして噛んでしまうことも考えられます。自分の身を守るための行動ですから仕方が無い場合もあります。でもそんなことは飼い主にしか分かりませんので、愛犬の顔の前に腕を回したり、口輪を装着するなど、配慮してあげて下さい。

3 常に愛犬の状態を確認する

人混みに慣れていない子、花火など大きい音に怯える子など、普段とは違った状況になることでパニックになる子もいます。中には逃げ出してしまう子もいます。その場合は、本当に愛犬を連れていって良いのか今一度考えてみて下さい。人混みでは、愛犬の状態をしっかり見ながら、極力、人のいる道を避けて目的地まで行ったり、抱っこしてあげたり工夫して下さいね。

愛犬と楽しい夏を!

天神祭のおどり 天神祭の花火

愛犬と夏祭り、にも大活躍!

先日夏祭りに行ってきました!大好きな、たこせん、ミルクせんべい、やきとうもろこし、ベビーカステラ。これを食べれないと夏が終われません。そして、今回は比較的暑くなかったので、はじめて愛犬と夏祭りに行ってきました。でも、、、、お祭りと言えば人、人、人、ひとーーー!!目がぐるぐる回ってしまいます。

天神祭の人混み 天神祭の商店街の人混み

なので、人混みで愛犬とどう歩くかを考えてみました。もちろん、愛犬を歩かせるなんて、蹴られるかもしれないし、そんなこととんでもありません。ちょっとー!私たちが通るんだから道開けてよー!つんつんっ!なんて殿様行為は絶対に通用しません。そして、わんこが苦手な方への配慮も必要です。愛犬の安全をどうしたら確保できるのか、周りの人とどうすれば楽しく空間を共有出来るのかが大切になってくるわけです。

愛犬と “安全” に行きませんか?

夏祭りはドッグスリングで安全に行く

人混みには、ドッグスリングがおすすめ!

・ 屋台が並んでいる所、境内に向かう途中や境内は、わんこが歩けるスペースなんて無いに等しいので、抱っこしたほうがいい

・ 抱っこで両手がふさがると、食べ歩きが出来ない。ドッグスリングで両手がフリーに!

・ 愛犬が緊張した際の安心出来る避難所になる

・ わんこが苦手な人への配慮として、リードで歩かせるよりも抱っこして一体化した方が、安心感を与えることが出来る

愛犬とお祭りを “楽しむために” 気をつけたこと。

夏祭りに愛犬と行くために

1 わんこが嫌いな人への配慮を忘れない!

たくさんの人が来るお祭りは、わんこが苦手な人もいます。リードを長く持って愛犬の行動範囲を広くしたり、むだ吠えしないようにしたり、できる限り自由すぎる行動は避けたいものです。

2 撫で撫でしたい人が触ってくる

うれしいことに、ドッグスリング着用時に、周りの人から「かわいいー!」とお声かけ頂くこともしばしば。声かけのみの場合は問題ないですが、たまに愛犬の頭を触ろうとする人がいます。もちろん何の悪気もない行為ですが、愛犬が ゔぅ… と唸ったり、びっくりして噛んでしまうことも考えられます。自分の身を守るための行動ですから仕方が無い場合もあります。でもそんなことは飼い主にしか分かりませんので、愛犬の顔の前に腕を回したり、口輪を装着するなど、配慮してあげて下さい。

3 常に愛犬の状態を確認する

人混みに慣れていない子、花火など大きい音に怯える子など、普段とは違った状況になることでパニックになる子もいます。中には逃げ出してしまう子もいます。その場合は、本当に愛犬を連れていって良いのか今一度考えてみて下さい。人混みでは、愛犬の状態をしっかり見ながら、極力、人のいる道を避けて目的地まで行ったり、抱っこしてあげたり工夫して下さいね。

愛犬と楽しい夏を!

天神祭のおどり 天神祭の花火

この記事をシェアする

erva facebook