vol.3 元気になったよ!はじめて来た日とトライアル出発前のビフォーアフター

こんにちは!ドッグスリング専門店ervaの黄瀬(きせ)です。イベントの出店続きで、ありがたいことに瀕死の毎日を送らせていただいております。今週と来週末は久しぶりにお休みなので、愛犬達&保護犬くんと河川敷で思いっきり遊びたいと思います。そして、死ぬほどだらけたいと思います。

さて、この度は皆さまにうれしい報告です。
ベッシュに里親希望のご連絡をいただき、ついにトライアルに出発しましたー!

保健所から引き出したのが7月7日の七夕でした。トライアル出発日は10月21日。あっという間だった3ヶ月間、ベッシュと本当に楽しく過ごさせていただきました。

脚が悪い、全身毛が薄い、鼻も尻尾もおハゲちゃん

保健所ではじめて出会った時は、かなりガリガリで、全身の毛が薄い状態でした。歩くことができていましたが、収容当初は脚の筋肉が全くなく、お尻で歩いていたとのことでした。正直なところ、全体的に状態が悪かったこともあり、「最終的にこの子はうちで引き取ることになるかもしれない。いや、そうしよう」と固く心に決め、責任をもって保健所からお迎えしました。

今までの保護犬達の経験から、1ヶ月ぐらいで毛は生えるだろうとは思っていました。しかし、部分的なおハゲちゃんは経験済みでしたが、部分おハゲ+全身が薄い。加えて、脚も悪いとなればどのように回復させてあげたら良いのか・・・・・

当たり前ですが、収容場所からわたしのお家に移動して来た当日は、みんな緊張しています。その場から動けない子、少しずつ行動範囲を広げる子、すぐに慣れる子などなど、いろんな性格の子がいます。ベッシュはというと、身体は小さいですがかなりの大物で、その日から部屋中を嗅ぎながら歩きまわっていました!

はじめの1ヶ月間は、わたし達人間よりも先に先住犬達に興味を示し、ノアの後ろを追いかけ回すというストーカー行為を働いておりました笑

ノアはなんでも受け入れるらしく、、、よく皆さんから「ストレスになりませんか?」と聞かれますが、むしろ一緒に遊んで楽しんでいますので全然大丈夫なのです笑

そして、わたし達人間に慣れてきたのは1ヶ月が過ぎた頃。こんな感じで膝の上で寝るようになりました。

まるで天使・・・・

保護犬達との暮らしは、

「見守りながら、愛情いっぱいハグ・キスしまくる!」
これがわたしのモットーであります。

ご飯は良質なドッグフードに変えて、脚のためにサプリも混ぜて、筋肉をつけるためにしっかり運動(脚の状態を見ながら)。

河川敷でいっぱい走ったり、

リラックスできる環境を整えたり・・・

鳥取砂丘や登山に行ったり・・・

お家で過ごす楽しさや、みんなでお出かけする楽しさを知ってほしくてたくさん冒険に出かけました。

他にも、新しいお家に行ってから困らないように、トイレシートの上で用を足せるように訓練しました。ダメなことはダメと愛情をもって叱ります。でもベッシュの場合は、褒める方が伸びたので、トイレができるとこれでもかというぐらい褒めごろしました笑

最後の方は、トイレ直後に必ず笑顔全開で「褒めてー!!!」とわたし達の方に小走りで報告にきていました。かわいいかったぞ!!

そして、ついにベッシュだけの新しい家族が見つかりました。
トライアルに出発する日に記念写真。

10月21日のトライアル出発当日、残念ながらわたしは東京出張で立ち会うことができませんでした。でも、逆にわたしがいなくて良かったのかもしれません・・・いつもお別れの日は顔面が滝のようになっちゃいます。出発日の記念撮影は信さんに託して、出張前にちゃんとお別れをしました。

先住犬達とも記念に一枚!

ほんとうに活き活きした表情になりました。
再度、保健所で出会った時の写真をご覧ください。

全然違うでしょー!!?

目に輝きがあり、毛もふさふさ。
愛情をもって接すればこんなにも変わるということを毎回実感します。

少し前に別のエントリーで保護犬達の性格について1頭1頭書きましたが、

「はじめて犬を迎える人に、保護犬をおすすめする5つの理由」

ベッシュも本当に良い子でした。他の犬にむやみに吠えないですし、トイレもすぐに覚えました。お散歩が大好きで、先住犬達とも仲良く遊んでいました。

現在ベッシュはトライアル中。
里親さんによると、もうすでに家族に馴染んでいるそうです笑 さすが大物ベッシュ!里親さんが外出先から帰ってくると、クルックル回りながら喜びの舞を披露するそうです笑 正式譲渡までもう少し日にちがありますが、この調子であればうちに帰ってくることはないでしょう。

先日Instagramではベッシュのトライアルを報告したのですが、いただいたコメントの中に、

「こんなにも素敵で幸せなお別れもあるんですね」

っといただき・・・・・
うおぉぉぉぉぉぉぉ号泣
と雄たけびを上げたしだいです。

正直、お別れは毎回さみしいですが保護犬達のしあわせを想うと泣いてなんかいられない!!と言い聞かせながら、まだまだ未熟なわたしはまた次へと進むのです。

というわけで、数日前に17kgの柴犬くんがうちに来ました。

はじめて家に来た時は、ずっとそわそわしておりましたが3日目ぐらいから落ち着いてきています。
それでは次回のブログで新入りくんを紹介したいと思いますので、またお立ち寄りいただけますとうれしいです!