病院へ行く時も、移動が簡単

img

病院に行く時は、クレートで移動しますか?バックで連れて行きますか?実はドッグスリングを使うと、移動がもっと簡単に出来ちゃうんです。

5つのおすすめポイント

1 軽い
2 長く抱っこが出来る
3 安全
4 両手が空く
5 病院が怖い子でも密着感があるから安心

1 軽い

布製なので、プラスチック製に比べてとにかく軽い。使わない時はクルクル丸めて、いつもの鞄にもすっぽり収納出来ます。

2 長く抱っこが出来る

自転車や徒歩で移動する時に、クレートやバッグを使うと、なかなか片手で持ち続けるのは辛いものです。ervaのドッグスリングは、着用者の肩腰に出来るだけ負担をかけないような設計をしているため、抱っこが長くなっても、個人差はありますが抱いていられます。

3 安全

ervaのドッグスリングは着用者との密着感を大切にした設計になっているため、わんこがスリングの中で安定します。クレートやバッグでの手持ち移動は、重たい中ずっと持ち続けるため、人間も持ち方を様々変えてみたり、バランスをとります。しかしその場合、わんこの体勢が斜めになっている場合があり、安定しません。また、自転車のカゴの上にクレートやバッグを乗せて移動している人をたまに見ますが、とても不安定です。バランスが崩れたり急ブレーキを踏んだりすると、非常に危険です。

4 両手が空く

両手が空くと、受付で診察券を出したり、問診票に記入したり、お薬を受け取ったり、支払いもスムーズに出来ます。

5 病院が怖い子でも密着感があるから安心

「うちの子は、ブルブル震えるから、ずっと抱っこしない駄目なの」そんな場合でも、ervaのドッグスリングがおすすめです。着用者とわんこの密着感がある設計にしたため、わんこはずっと家族の胸の中。わんこの精神安定にもつながります。また、椅子に座って、わんこを膝の上で抱っこする状態でもハンモックの役割をするため、両手でずっと支えていなくても安定して膝の上で過ごせます。

わんこの体重が1-3kgの場合は →1-3kg用からお選び下さい。
わんこの体重が4kg-10kgの場合は →4-10kg用からお選び下さい。
※わんこの体重が3kg台の場合、着用者の胸囲が86cm以上は4-10kg用をお選び下さい。