会員メニュー 新規会員登録 会員情報の修正 ポイント保有数の確認 過去のご注文を確認

WEB STORE

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 
エボニアイボリー | 1kg〜3kg用 エボニアイボリー | 1kg〜3kg用 エボニアイボリー | 1kg〜3kg用 エボニアイボリー | 1kg〜3kg用 エボニアイボリー | 1kg〜3kg用 エボニアイボリー | 1kg〜3kg用 エボニアイボリー | 1kg〜3kg用 エボニアイボリー | 1kg〜3kg用 エボニアイボリー | 1kg〜3kg用 エボニアイボリー | 1kg〜3kg用
エボニアイボリー | 1kg〜3kg用 エボニアイボリー | 1kg〜3kg用 エボニアイボリー | 1kg〜3kg用 エボニアイボリー | 1kg〜3kg用 エボニアイボリー | 1kg〜3kg用 エボニアイボリー | 1kg〜3kg用 エボニアイボリー | 1kg〜3kg用
エボニアイボリー | 1kg〜3kg用 エボニアイボリー | 1kg〜3kg用 エボニアイボリー | 1kg〜3kg用

DOG SLING


エボニアイボリー | 1kg〜3kg用

itemNo.
日本製

(税込)

→ サイズの選び方はこちら


▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
サイズ

S(ワンサイズのみ)
選択
個数
カートに入れる

OPTION

昔ながらの織機でつくっているため在庫が無くなり次第次回生産までに2〜3ヶ月お時間をいただいております

モデル犬:3.3kg

綿100% / 重さ: 約280g

□ ervaのオリジナル生地です

「肌あたりが良く、なおかつ丈夫で安心できるもの」を探し求めた結果、200年以上歴史のある播州織の職人さんと出会いました。使うたびに風合いを楽しむことができ長い間使っても上品さが崩れにくいのが特徴です。

昔ながらの織機でゆっくり織るため大量生産することができません。在庫が切れ次第次の生産をお待ちください。詳しくは「糸づくりから生地になるまで」をご参照ください。

□ こんな人におすすめです

  • ・肌あたりが良いものを使いたい
  • ・色落ちがしにくいものを選びたい
  • ・長い間使ってもくだびれにくいものを選びたい
  • ・人とは違ったものを使いたい
  • ・上品な(カジュアルでない)服装にも合わせたい
  • *厚手の生地の為、真夏の外出には不向きですが、短時間であれば保冷剤を入れて頂くことでご利用いただけます。

□ お洗濯方法

  • ・洗濯ネットで洗って下さい
  • ・色移り防止のため他の洗濯物と分けてください

ATTENTION

  • ・サイズ選択は犬の体重が10kgを超えない限り犬のサイズで選ぶのではなく「about size」のページをご覧いただき必ず着用者様の胸囲でお選びください1-3kg用は胸囲88cm未満の方が対象となります。88cm以上の方は4-10kg用からお選びください。詳細は「about size」をご確認ください。
  • ・収納用レザーベルト、飛び出し用ストラップは別途ご購入となります。
  • 摩擦や水濡れによって色が移る可能性があります。雨天でのご使用や、白や薄い色の衣服でのご使用にはご注意ください。また、洗濯後はよく乾かして頂きますようお願い致します。
  • 写真の色は現物に合わせていますが光の当たり具合によって変わります。また、ご利用のモニターによって見え方が異なる場合があります。
  • ・予約の商品をご注文されるお客様へ
    予約でない商品を一緒にご注文される場合、商品が全て揃い次第発送しております。2回に分けて発送をご希望の場合お申し込み時の[備考欄]にその旨記載お願いします。 その場合2回分の送料\1,944(税込)がかかります。ご注文時には反映されませんので後ほど加算してご請求致します。※コンビニ支払いはお選び頂けません。※特に記載がない場合は1回での発送となります。

糸づくりから生地になるまで

自分の我が子に使うものは、
肌あたりがよくて
なおかつ丈夫で安心できるもの
にしたい。

そんな想いにより応えてくれる生地はないかと探すこと2年。兵庫県は西脇市で200年以上の歴史のある播州織に出会い、この度ervaオリジナルの生地を作ってしまうこととなりました

糸からつくる

オリジナルの生地製作は糸選びからはじまりました。こちらの要望を伝えるうちに既存の糸では表現できないことが分かり「オリジナルでつくるしかない」ということに。機場に眠っていた撚糸機(ねんしき)でまさかの世界に1つしかない糸が誕生しました。

約6000本の糸を通す

生地を織るということは素人のわたしからすれば、糸を織機にセットしてスイッチを押せばダダダダダっと簡単に織り上がるイメージでした。でも実際はそんな単純ではなく、織る前に何十工程もの準備があります。そして実際に織る作業は、織機で前回織っていた約6000本の経糸(たていと)に新たに織る経糸(たていと)を1本1本結んでいきます。

固結びした約6000本の結び目を織機内部にある (1)ドロッパー(経糸が切れた時に知らせる)、 (2)紋尻(もじり:経糸をあげさげして柄をつくる)、 (3)筬(おさ:生地に糸を押し込む)と呼ばれる3箇所に通していきます。昔、この工程は全部人の手でされていたそうですが、進化した今でも織機が問題なく稼働するように3箇所に通された約6000本の糸が1本1本間違わずに通っているのか、職人さんが目で確認していきます

次に経糸に合わせて、緯糸の密度を調整していきます。糸ぐせを見ながら均一なテンションになるように整えます。これは目指し(めざし)といって設置した経糸と緯糸が問題なくスムーズに織ることができるように確認していきます。約6000本のうち1本でも不具合があれば容赦なく織機は止まったり、動いたとしても生地には明らかに傷が入ってしまいます

良質な糸を組み合わせさらに上を目指す

これだけ人口が増えると、より多くの人に一定の品質のものを届けることは必須でその点では高速織機の役割は非常に重要です。しかし、決まった糸で決まった生地しか織ることができません。

今回使った低速でゆっくり織り上げる織機は、1時間に4mぐらいしか織り上げることができませんが、異なった特性を持つ良質な糸を組み合わせることができます。本来糸ぐせの違う糸を組み合わせて織ることはとても難しいことです。しかし低速織機であれば糸の性格に合わせてゆっくり織ることができるので途中で切れずに織り続けることができます。

そうは言っても切れるか切れないかは職人の腕次第。勝手に織機が調整するわけではありません。そのため複数の異なる性質を持った糸を組み合わせて、綺麗で安定した織物を何十メートルも織り続けることは非常に難しいのです。複数の利点を組み合わせた織物は他にはない特性を持ち、おもしろいデザインや変わった素材感が出ます

ドッグスリングになってからも
風合いを楽しめる工夫

織りあがった生地は丁寧に洗い、自然乾燥させます。通常、織り上がった生地は機場とは別の専用の加工場へ持って行き、生地を引っ張った状態で薬品につけたり熱を加えたりします。しかしそういったことをしてしまうと糸本来の特性が失われ、使うたびに風合いの変化を楽しむことはできません。今回はあえて低温でゆっくり洗い自然のままに乾燥させます。

5種類の糸を組み合わせたエボニーの生地は、時間が経っても品のある雰囲気が崩れにくいです。それは糸の特性を活かして織り上げ、余分な加工をしていないからこそ

肌あたりも良くほどよい柔軟性があります。「体格の良いわんこ」や「バストが大きめな人」も身体のシルエットに抵抗することなく沿ってくれます。できあがったドッグスリングを着けた時「あっ、やわらかくて気持ち良い」と感じたのは言うまでもありません。

表面は杢感のあるグレーと黒が混じった落ち着いた印象にし、内側は思わず楽しくなってしまいそうな色を入れました。白いシャツとチノスカートやチノパンツ、靴をヒールにするというような上品な着こなしにも合います。

大量生産ができないため本数限定となり、申し訳ございませんが完売次第次回の生産をお待ちください。

7 POINTS

ポイント1
1. 強度試験済み

安心してお使いいただけるように、第三者機関「一般財団法人ボーケン品質評価機構」にてドッグスリングの強度試験をしました。本体に12kgの砂袋を入れて、徐々に負荷をかけていきました。結果的に360kgの荷重でも縫製や生地が切れませんでした。360kgの犬を入れることはありませんが、より安心してお使いいただける結果となりました。


ポイント2
2. 人間用抱っこ紐/スリングの経験を生かした形

育児雑貨専門店「キューズベリー」にて人間の赤ちゃん用抱っこ紐の開発・販売をしていました。着用者であるママや赤ちゃんの心地よさや快適さを考え、形や素材を研究してきました。元々、そのサンプルを愛犬達に使っていましたが、ervaでは犬用に作り変え、以前の経験を踏まえて犬や着用者にとって心地よい、機能的な形を作りました。


ポイント3
3. 着用者の肩腰への負担を最小限に

当店では、着用者の身体に負担が少ないように"肩紐を広く""犬の抱き位置"を上にしました。犬をドッグスリングに入れた際、犬のお尻の位置が着用者の骨盤の上位置にくるようにしています。そうすることで犬の体重が肩・背中・腰の3点で分散されます。また、お互いの重心が近いほど、より犬の体重が軽く感じることができます。


ポイント4
4. ”密着感”と”安定感”を重要視しています

前項に犬の抱き位置の重要性について記載しましたが、人間だけでなく犬にとってもメリットがあります。犬を下の方で抱っこしてしまうと、人間が歩く度にダイレクトに振動が伝わり、犬にとって居心地が良いものではないと考えています。上の位置で抱っこすることで、密着感が増し、安定感がでます。


ポイント5
5. 日本国内で熟練の職人が縫製しています

当店のドッグスリングは、縫製歴30年以上の職人さんに縫製をお願いしています。熟練した職人さんにお願いすることで、人間の製品と同等以上の製品をお届けすることができています。また、様々な経験より、縫製面において様々なご意見をいただきより良いものをお届けできるように取り組んでいます。


ポイント6
6. 飛び出しが心配な子の安全対策付き

他犬に反応したり、街中や人混みに行くと興奮して飛び出してしまうことが心配な場合は飛び出し防止用ストラップ(別売)をご利用ください。ドッグスリングの内側に輪っかが付いていますので、そこに引っ掛けていただくことができます。


ポイント1
7. 小物を入れるポケット付き

夏には保冷剤、冬にはホッカイロを入れていただくことができます。(低温やけどにご注意ください)また、お家の鍵やおやつ、うんち袋等も入れることが可能です。


当店のドッグスリングは下記に該当する犬の場合、
お使いいただくことができません。

当店のドッグスリングは、犬がお座りや伏せに近い状態で抱っこします。

股関節と膝関節を正常に曲げることのできない子には
負担となるため、ご利用いただけません。

股関節について

上記写真のように正常に股関節と膝関節を曲げることのできる犬に関しては、当店のドッグスリングに入っても自然な姿勢となるため負担があるということはありません。ただし、人間と同様で長時間同じ体勢を維持することは好ましくありませんので、外に出してあげるなど家族の方がしっかりと様子を見てご判断ください。不安な方は必ずかかりつけの獣医師にご相談の上ご使用ください。

上記の内容は、奈良県「新庄動物病院」の今本院長に見解をいただいた内容です。 今本院長は「生後4ヶ月から股関節形成不全の有無の診断法」を開発した アメリカ・ペンシルベニア大学に認定された、日本でも数少ないPennhip(ペンヒップ)認定医です。

HOW TO USE

動画1 ドッグスリングからわんこを降ろす方法

上記をクリックするとyoutubeで動画をご覧いただけます。愛犬の体重が13kg以上の場合は動画のような着用方法ではなく、初めに犬をドッグスリングに入れた状態で、着用者が首を通す方法があります。その際に机や椅子など着用者の腰の高さぐらいの台等の上に犬を乗せると、持ち上げる際の負担が少なくなります。(犬の落下には十分お気をつけください)